葛クッキング

天極堂のお手軽、葛レシピ集です。今日から葛クッキング始めましょう☆

| 葛クッキング | 次へ

カルピス葛饅頭

カルピス葛饅頭

カルピス葛饅頭

材料
【葛饅頭の皮】
吉野葛 25g
カルピス 大匙3
水 100cc

【葛饅頭の餡(葛アイス)】
吉野葛 10g
水 100cc
パインジュース 100cc
レモン汁 少々
パイン缶詰 適量

作り方
【まずは中の餡となる葛アイスをつくります。】
①吉野葛を水でしっかり溶かし中火にかけて練りこみます。
②粘りが出てきたらパインジュースとレモン汁を入れます。
③まんべんなく混ざったら、パインを1cm角に切ったものを入れ、トレーに流し、粗熱が取れたら冷凍します。

【饅頭を作ります。】
①吉野葛を水でしっかり溶かしたものと、カルピスを混ぜ、ざるでこしながら鍋に入れます。
②弱めの中火にかけ、ゴムべらで鍋底からしっかり混ぜながらぽってりするまで練ります。
③広げたラップの上に水で濡らしたスプーンで大さじ1程度の生地をのせて軽く広げ、中央に葛アイスを適量のせます。
④③をラップごと氷水に入れて冷やし固めます。
⑤固まったらラップをはずし、お皿に盛りつけます。

| 和菓子 | 15:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

芋きんつば

<芋きんつば6~8個>(13㎝×10㎝くらいのタッパー)

芋きんつば

さつまいも 約200g
塩 少々
葛粉 小さじ4
水  小さじ3

作り方
①さつまいもを蒸して、熱いうちに皮をむき、塩を入れてマッシャーでつぶします。
②タッパーに詰めます。指の腹を使って平らに詰める。表面にラップをかぶせて蓋をし、粗熱が取れたら冷蔵庫で一晩寝かせます。
③タッパーから取り出し、端がカーブしている場合は四角になるように切り落としてから、6~8個くらいに切り分けます。
④平らな容器に水溶き葛粉を作ります。
⑤フライパンを温め、キッチンペーパーにしみこませた少量の油を敷く。煙が出始めたところで弱火にし、1面ずつ水溶き葛粉をつけて焼きます。すべての面が焼けたら完成。

注意点:焼いている間に水溶き葛粉が固まってくるので時々固まっていたら指の腹で混ぜてください。

※小麦アレルギーを持っている方やグルテンフリーをされている方も食べられる芋きんつばです。

| 和菓子 | 14:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ぷるぷる抹茶葛プリン~抹茶ソース添え~

ぷるぷる抹茶葛プリン~抹茶ソース添え~
(所要時間:70分)

ぷるぷる抹茶葛プリン~抹茶ソース添え~

プリン
材料(2人分)
豆乳 200ml
吉野本葛 20g
きび砂糖 20g
抹茶粉末 大さじ1




作り方
①吉野本葛・抹茶粉末・豆乳を鍋に入れ、葛粉がよく溶けるまでかき混ぜる。
②砂糖を加えてよくかき混ぜる。
③中火にかけながらよくかき混ぜ、ぐつぐつしてきたら弱火にしこねるように混ぜ、火を止める。
④容器に流し入れ、粗熱がとれたら冷蔵庫に入れ冷やす。(約1時間)


抹茶ソース
材料
抹茶粉末 大さじ1/2
きび砂糖 大さじ1と1/2
水 大さじ2と1/2

作り方
① 材料を鍋に入れ、中火で溶かす。
② ぐつぐつしてきたら弱火にし、とろみがつくまで火にかける。
③ 熱がとれたら冷蔵庫に入れ冷やす。

☆余った抹茶ソースは、ヨーグルトにかけるとよく合います♪
☆抹茶粉末をほうじ茶粉末に変えても作れます♪

| 和菓子 | 14:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

葛入り豆乳甘酒寒

葛入り豆乳甘酒寒

葛入り豆乳甘酒寒

材料(ココット6個分)
豆乳 300cc
甘酒 100cc
吉野本葛 大さじ2
粉寒天 小さじ1

作り方
1、鍋に材料を全部入れて良く溶かし、火にかけながらゆっくりと混ぜ合わせます。
2、とろみがついたら火からおろし、ココットに流し入れます。
3、冷やし固めたら水で柔らかくしたクコの実を飾れば出来上がりです。

| 和菓子 | 11:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

お茶の香りの葛まんじゅう

くずまんのもりもりクッキング大和茶葛まんじゅうイメージ
くずまんのもりもりクッキング大和茶葛まんじゅう作り


『くずまんのもりもりクッキング』放送の様子はこちらをご覧ください。→メディア紹介


| 和菓子 | 18:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ミルク葛の桜餅

『くずまんのもりもりクッキング』放送の様子はこちらをご覧ください。→メディア紹介

くずまんのもりもりクッキング牛乳イメージ
くずまんのもりもりクッキング牛乳イメージ




明日から、飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラスにて、数量限定で提供中。(4月26日まで)

レシピに出てくる「吉野本葛」は天極堂の通販サイトで購入できます。→吉野本葛

| 和菓子 | 18:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

結崎ネブカのどら焼き

結崎ねぶかイメージ
結崎ねぶかレシピ

『くずまんのもりもりクッキング』放送の様子はこちらをご覧ください。→メディア紹介

現在、飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラスにて、数量限定で提供中。(1月22日まで)

レシピに出てくる「吉野本葛」は天極堂の通販サイトで購入できます。→吉野本葛

| 和菓子 | 18:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

カラフル水無月

カラフル水無月

水無月(Y)

このレシピは第6回レシピコンテスト応募作品です。


【材料】
白玉粉   15g
水      120cc
吉野葛   20g
小麦粉   20g
上新粉   25g
砂糖    60g
甘納豆   適量


【作り方】
1、ボウルに白玉粉を入れ、分量の2分の1の水を少しづつ加え、良く混ぜてしばらく置きます。
2、吉野葛を加え、残りの水も入れて、指先で粒を崩し、良く混ぜたら一度こします。
3、小麦粉と上新粉、砂糖を順に溶かし、水で濡らした型に生地の8割を流し入れ、蒸し器に入れて強火で10分蒸します。
4、一度型を取り出し、残りの生地を流し入れ、甘納豆を散らしてもう一度蒸し器で20分くらい蒸します。

*水無月というお菓子が大好きですが、和菓子屋さんで売っている時期が限られているので、思い切っていろんな甘納豆を入れてみました。


【試作者コメント】
和菓子は季節感が大切な為、きっちりとした和菓子屋さんほどその季節にしか食べられない和菓子が多いですよね。
でも、「大好きだからいつでも食べたい」という気持ちはよくわかります。
和菓子は難しそうで、意外と簡単に作れるものが多く、この水無月もその一つです。
お気に入りの和菓子は自分で作るというアイデア、とてもすてきだと思います!

| 和菓子 | 16:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

きめ細やかな大福

きめ細やかな大福

きめ細やかな大福

このレシピは第6回レシピコンテスト応募作品です。


【材料】
白玉粉 90g
吉野葛 10g
砂糖 50g
水 120㏄
餡 240g
片栗粉 少々
好きな果物(栗、イチゴ、ブドウなど)

【作り方】
1、餡の中に好きな物を入れてまるめておきます。
2、耐熱用容器に白玉粉、吉野葛、砂糖、水を入れかき混ぜた後、ラップをかけ電子レンジ600Wで2分加熱します。
3、一度出してかき混ぜた後、再度1分程加熱し、かき混ぜて全体が馴染めばOKです。
  白い部分が多ければ10秒再度加熱してください。
4、バット全体に片栗粉をしき、加熱した大福の皮をまとめて出します。
5、全体に片栗粉をまぶし手にもしっかり片栗粉をつけ小さくちぎり餃子の皮位の大きさに広げ丸めた餡を入れ綺麗に丸めます。
6、出来上がった大福を入れる容器にも片栗粉をしいておきます。
7、手際よく熱いうちに丸めてください。

*口当たりのなめらかな大福が出来上がります。


【試作者コメント】
本当にきめが細かくて口溶けの良い、なめらかな大福です!
イチゴなど果物を包む場合は白餡が良いかもしれませんね。

| 和菓子 | 17:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

葛水羊羹(中村バージョン)

鍋ひとつ、15分で手軽にできる
口あたりなめらかな「葛水羊羹」

吉野葛クッキング葛水羊羹

このレシピは2015年葛のレシピコンテストの応募作品です。

<材料> 5人分
こしあん(砂糖入り) 250g
水 250cc
吉野葛 大さじ3杯
粉寒天 中さじ1杯(柔らかく仕上げたい時は入れなくてもよい)

<作り方>
1、材料をすべて鍋に入れ、完全に溶けるまで泡立て器でしっかりと混ぜます。
2、中火から強火にかけ、へらを使って混ぜ続けます。
3、ふつふつと沸き始めたら、焦がさないように手早く1~2分混ぜます。
4、火を止めて余熱でしばらく混ぜてから容器に移します。
5、粗熱を取ってから冷蔵庫に入れてしっかりと冷やします。
6、食べる前に季節の果物やミントを添えると、よりおいしく、オシャレに仕上がります。

<企画室Kさんコメント>
和菓子作りは難しいというイメージがあるようですが、「鍋ひとつ」というキャッチフレーズがいいですね。
本当に手軽にできるので、是非作ってみてほしい作品です。
粉寒天は入れなくても美味しく仕上がりましたよ。

| 和菓子 | 15:15 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| 葛クッキング | 次へ