葛クッキング

天極堂のお手軽、葛レシピ集です。今日から葛クッキング始めましょう☆

| 葛クッキング | 次へ

梅の冷製茶わん蒸し

梅の冷製茶わん蒸し

材料(3人分)
●卵液               
・玉子:2個
・白だし:40ml
・水:300ml
・梅干:1個分

●あん
・白だし:小さじ2
・醤油:小さじ1
・水:150ml
・葛粉:小さじ2

●トッピング
・梅干し:1個分
・青紫蘇(千切り):適量
・いりごま:適量

作り方
①梅干し(卵液用、トッピング用どちらも)は種を取り除き、裏ごしします。
②卵液の材料と①の半量を混ぜ合わせます。
③②を濾し、耐熱容器にそそぎます。
④沸騰した蒸し器に入れ、はじめの1分を強火で、その後弱火で約10分蒸します。
⑤蒸しあがったら、粗熱をとった後冷蔵庫で冷やします。

<あん>
①鍋に葛粉をいれ、白だし、醤油、水で溶かします。
②少し冷ましてから、茶わん蒸しに流し入れます。
③上に梅干、青シソ、いりごまをトッピングします。

| 和風のおかず | 15:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ニラとキムチのチヂミ

ニラとキムチのチヂミ
(所要時間:約20分)

ニラとキムチのチヂミ

☆葛と米粉でもちっとした食感をお楽しみいただけます♪
酢味噌はピリ辛なのでお好みで^^


チヂミ
材料(3枚分)
米粉 50g
吉野本葛(粉末状) 30g
卵 1個
*ニラ 4本
もしくは
*キムチ 70g
塩 小さじ1/2
粉末だし(ニラの場合) 少々
水 200ml
ゴマ油 少々

作り方
① 米粉と吉野本葛をボールでさっと混ぜる。
② 卵を割り、水を入れてかき混ぜる。
③ 塩(と粉末だし)を入れる。
④ ニラ(キムチ)を入れる。
⑤ 熱したフライパンにごま油をひく。
⑥ 生地を流し入れ、焼き目がついたら裏返し、片面も焼く。


酢味噌
材料
コチュジャン 大さじ1
酢 大さじ1
砂糖 小さじ1
ネギ 1本
ゴマ油 1~2滴

作り方
① ネギをみじん切りにする。
② 材料をすべて混ぜ合わせる。

| 和風のおかず | 14:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

韓国風鶏ともち米のとろ~りスープ

韓国風鶏ともち米のとろ~りスープ
(所要時間:約65分)

韓国風鶏ともち米のとろ~りスープ

もち米のでんぷんだけでもとろみはありますが、葛粉を入れるとさらにとろみが増します♪
シンプルに、ニラの醤油なしで塩だけでもお召し上がりいただけます♪
体があったまる簡単メニューです!



スープ
材料(鍋一杯分)
もち米 1合
手羽元 250g
ニンニク ひとかけら
吉野本葛 20g
水 1,800ml



作り方
① ニンニクのヘタを切り落とす。
② 鍋に葛粉以外の材料をすべて入れ、蓋をして
強火で炊く。
③ 灰汁が出てきたら掬い取る。
④ ぐつぐつと沸いてきたら、弱火にし、
1時間ほど炊く。
⑤ もち米が水分を十分に含み、とろっとしたら、
少量の水で溶いた葛粉を入れ、完成!


ニラの醤油
材料
ニラ 2本
濃い口しょうゆ 大さじ6
ゴマ 小さじ2
唐辛子 小さじ1/4
ゴマ油 1~2滴

作り方
① ニラをみじん切りにする。
② 材料をすべて混ぜ合わせる。

| 和風のおかず | 14:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

葛入り茶がゆ

葛入り茶がゆ

葛入り茶がゆ

材料(一人分)
ご飯 茶碗1杯
ほうじ茶
吉野本葛 大さじ1杯

1, 冷やご飯でおかゆを作ります。
2, 水溶き葛粉でとろみをつければ出来上がり。

*健康に良い葛を、日常的に簡単にとることができます。
*病人や体の不自由な人には、スプーンでこぼさずに食べやすいです。
*熱々でも、冷やしてでも、おいしくいただけます。

| 和風のおかず | 11:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ごぼうと吉野鶏のすまし汁

ごぼうと吉野鶏のすまし汁img
ごぼうと吉野鶏のすまし汁レシピ

『くずまんのもりもりクッキング』放送の様子はこちらをご覧ください。→メディア紹介

| 和風のおかず | 18:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

茄子の挟み焼煮

茄子の挟み焼煮

茄子の挟み焼

このレシピは第6回レシピコンテスト応募作品です。


【材料】
茄子・・・2本

[肉だね]
鶏ひき肉・・・150g
大葉みじん切り・・・5枚分
酒、みりん、しょうゆ・・・各小さじ1
吉野葛(粉末)・・・小さじ1
生姜のすりおろしチューブ・・・小さじ1

[煮汁]
水・・・150cc
本だし顆粒・・・小さじ1
醤油・・・小さじ2
砂糖、酒・・・小さじ1
みりん・・・大さじ1


【作り方】
①茄子はガクをとり1.5cmほどの厚さに斜めに切り、肉だねを挟めるように半分に切り込みを入れておきます。
②肉だねのひき肉以外の材料を全てボールにいれて混ぜ合わせ、ひき肉を入れさらに混ぜ合わせます。
③茄子の切り口に葛粉をふり②をはさみます。
④フライパンに油を入れて茄子の両面を焼いたら煮汁を入れて10分くらい煮込みます。
⑤水溶き葛を入れお好みのとろみになったら出来上がりです。

| 和風のおかず | 16:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

しっとりだし巻き卵と納豆オクラの葛団子

しっとりだし巻き卵と納豆オクラの葛団子

出し巻き卵と納豆オクラの葛団子

このレシピは第6回レシピコンテスト応募作品です。


しっとりだし巻き卵

【材料】
卵    1個
葛    小さじ1
そうめんつゆ 小さじ1
酒    少々
ネギ  少々
味付け海苔 .
油    少々

【作り方】
全てをしっかり混ぜ合わせ温めた卵焼き器に油をしき弱火で焼けばできあがりです。


納豆オクラの葛団子レシピ

【材料】
納豆    1パック
しそ     1枚
オクラ    1個
吉野葛   大さじ1
水      大さじ5
そうめんつゆ

【作り方】
1、オクラはさっと湯がいておきます。
2、納豆をほぐして添付の出汁とよく絡めておきます。
3、鍋に葛大さじ1と水大さじ5を入れしっかりとかきまぜてから火にかけます。
4、透明になるまでしっかりと混ぜます。
  まとまってきたら半分を別の容器に入れオクラを入れ、しっかり混ぜ合わせまとめます。
  残りの半分に納豆を入れ同じ様に混ぜ合わせまとめます。
5、そうめんつゆや、ゴマだれ梅ドレッシングなどお好きなもので召し上がってください。
  又、おすましの中に具として入れても結構です。

*納豆の糸を気にせず食べられます。
*つるっとした食感が夏に最高です!


【試作者コメント】
納豆やオクラのねばねば製品と吉野葛を組み合わせた斬新な一品ですね。
私はさっぱりと「ポン酢」がよかったです。

| 和風のおかず | 16:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

鰆とれんこんのもっちり蒸し

鰆とれんこんのもっちり蒸し

レシピコンテストもっちり蒸し.jpg

このレシピは第6回レシピコンテスト応募作品です。

【材料】(4人分)
鰆の切り身   4切れ
れんこん    400g
ゆりね      1個
干しシイタケ  2枚
ぎんなん    8個
三つ葉     4分の1束
生姜       少々


(A)
だし    2カップ
味醂   小さじ2
醤油   小さじ2
酒     大さじ1
砂糖    少々

吉野本葛(粉末)大さじ1弱
水        大さじ1

【作り方】
1、レンコンは厚めに皮をむいて、おろし金ですりおろし、軽く水気を切って塩少々(分量外)を混ぜておきます。
2、干ししいたけはぬるま湯で戻し、砂糖、醤油で煮て、だし汁は置いておきます。
3、鰆は酒、醤油各少々(分量外)を振り掛けておきます。
4、三つ葉は食べやすい大きさに切ります。
5、百合根はさっと湯がいておきます。
6、生姜はすりおろします。
7、小鍋にしいたけのだし汁とAのだしを入れて煮立たせ、同量の水で溶いた吉野本葛を回し入れてとろみをつけます。
8、器に3の鰆、ゆりね、ぎんなん、椎茸を入れ、1のれんこんをこんもりと盛り、蒸気のあがった蒸し器で強火で15分蒸します。
9、8に7をかけ、すりおろした生姜と三つ葉を載せたら出来上がりです。


レシピのポイント
*すりおろしたれんんこんが「もっちり」の決めて。
*とろーりとあした「葛あん」が上品な、料亭の味。


【試作者コメント】
かぶや大根おろしを使わず、れんこんでもっちりさせるのがこのレシピの特徴ですね。
お魚は白身魚ならどれでも合いそうです。

| 和風のおかず | 09:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

冷奴の紫トウガラシあんかけ

ムラサキトウガラシレシピイメージ
ムラサキトウガラシレシピ
『くずまんのもりもりクッキング』放送の様子はこちらをご覧ください。→メディア紹介

| 和風のおかず | 15:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

茶碗蒸しのソテー

蒸し器不要!お鍋で作る
茶碗蒸しのソテー

吉野葛クッキング葛の焼き茶碗蒸し

このレシピは2015年葛のレシピコンテストの応募作品です。

<材料> 2人分
卵 1個(50g)
牛乳 190cc
濃縮だし 10cc
みりん 5cc
醤油 5cc
塩 少々
吉野葛 50g

かぶら 50g
だしの素 2g
水 120cc
塩 少々
薄口しょうゆ 少々
吉野葛 10g

<作り方>
1、鍋に牛乳、だし、みりん、しょうゆ、塩、葛粉を入れてよく溶かします。
2、強火で加熱し、焦げないように鍋底から混ぜます。
3、餅状になったら火を止め、卵を割りほぐしてから鍋に入れ、へらでなじむまで根気よく練り続けます(約5分)
*はじめはなじむのか不安になりますが、あきらめず練り続けてみてください。
*卵を入れたら完全に火を止めてください。カルボナーラを作る時と同じで、加熱した材料の余熱でじんわりと火を通します。
4、厚さが2cmくらいになるようにタッパーに入れ、冷蔵庫で冷やします。
5、冷えて固まったら両面に葛粉(分量外)をまぶし、フライパンで表面に焼き色を付けます。
6、かぶらあんを作ります。
  すりおろしたかぶら、だし、水、塩、しょうゆを小鍋に入れて加熱します。
7、最後に同僚の水で溶いた葛粉を加えてひと煮立ちさせ、とろみをつけます。
8、焼きあがった茶碗蒸しにかぶらあんをかけて完成です。

<企画室Kさんコメント>
この卵入り葛餅を「茶碗蒸し」と呼ぶのに少し抵抗がありますが、斬新なアイデアだと思います。もちもち食感で、胡麻豆腐の様でもなく、生まれて初めて食べるものです。でも、味は和風で、確かに「茶碗蒸し」。なんとも不思議なレシピです。

| 和風のおかず | 16:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| 葛クッキング | 次へ